無精子症に関わる相談窓口

相談窓口開設のお知らせ

不妊症看護認定看護師・塩沢が担当致します。
相談にのれる専門のスタッフがいることを知っていただき、治療についての疑問やご質問などがありましたら、お気軽にご相談ください。
認定看護師の活動目標として、重症男性不妊症の方への支援を充実したいと思います。
特にMD−TESE(顕微鏡下精巣内精子回収術)を紹介する場合、看護師が関わり情報提供を充実すること、AID(非配偶者間人工授精)についての相談窓口を新たに開設致しました。
これは、当院で治療をされていない方でも、相談を希望される方にはご利用いただける相談窓口としてご活用いただけます。

無精子症に関わる相談窓口

認定看護師による不妊相談のご予約について

《無精子症に関わる相談(AID)》

カウンセリング料金(資料代含む):6,000円(税別)/60分まで 10,000円(税別)/120分まで

他院を受診中の方は当院にて初診のカルテ作成が必要となります。紹介状は特に必要ありません。お気軽にご相談ください。
カップルでのご来院をお薦めしますが、お一人様でご来院いただいても構いません。
受付後、インフォメーションコーナーにて治療歴や来院した理由等をご入力いただきます。

《その他の不妊相談》

カウンセリング料金:3,000円(税別)/60分まで
※18:00以降、土日希望の方は4,000円(税別)

ご予約について

時間/月曜 15:00〜17:00 ※代診日除く
   水曜 13:00〜16:00  木曜 18:00〜19:00
※上記以外の時間をご希望の方はお電話にてご相談ください。
※当日の勤務状況によりお時間を調整させていただく場合がございます。

必ずお電話にてご予約下さい。「塩沢」を指名でご相談ください。
大宮レディスクリニック:048-648-1657

不妊症看護認定看護師とは?

日本看護協会認定看護師認定審査に合格し、不妊症看護の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護実践のできる者をいいます。
全国で151名、埼玉県で4名の認定者がいます。(2015.11現在)
当クリニックには不妊症看護認定看護師が1名おります。

認定看護師の役割は

看護現場において実践、指導、相談の3つの役割を果たすことにより、看護ケアの広がりと質の向上を図ることに貢献します。

塩沢直美プロフィール

1998年より不妊症看護に携わっています。双子のお母さんです。
結果が出ても出なくても、納得がいく治療を受けられるようにお力になれればと思います。

資格(認定機関)
・不妊症看護認定看護師  (日本看護協会)
・生殖医療コーディネーター(日本生殖医学会)
・不妊カウンセラー    (日本不妊カウンセリング学会)
・生殖医療相談士     (日本生殖心理学会)
・思春期保健相談士    (日本家族計画協会)
・保育士
・調理師
・1級ピルビスワーカー  (日本ビルビスワーク協会)

役職:医療法人地塩会 大宮レディスクリニック看護部長
   日本不妊カウンセリング学会元理事・評議員
   日本生殖心理学会評議員
   日本生殖看護学会元理事
   ARTナースアカデミー世話人 

 

塩沢
大宮レディスクリニック