Home / 不妊検査・治療 / 卵巣機能不全 / 卵胞の発育と閉鎖

卵胞の発育と閉鎖

スライド27.jpg

 上記の図はゴーギャンの有名な卵胞発育の図です。卵胞は大きくなるにつれて、各成長ステージで一定の割合で卵胞は萎縮して消失くなってしまいます。しかし最近の卵胞消失は下記の様な要因でもっと多くの発育卵胞が少なくなっています。下記の様なため、30代前半の人でも卵巣年齢(AMH)が40歳代となっている人が多いと思われます。それを改善するのが統合医療で、当院の治療の根底をなしています。