Home / ニュース / 平成25年度の体外受精成績

平成25年度の体外受精成績

刺激総数 550件、採卵数 503件、刺激中止 38件(6.9%)  採卵数0ヶ 9件(1.8%)
IVF 196件(39.0%)、ICSI 265件(52.7%)、Split 18件(3.6%)  MD-TESE+ICSI 15件(1.3%)
新鮮胚移植 258件(35.3%)、凍結胚移植473件(64.7%)
   凍結胚の生存率 88.8%(420/473件 解凍して胚移植できた割合)
新鮮胚移植(移植当りの妊娠率)  初期胚:1ヶ移植 12%(17/146)、2ヶ移植 13%(6/46)  
                  胚盤胞:1ヶ移植 28%(15/53)、2ヶ移植 8%(1/13)
凍結胚移植  初期胚:1ヶ移植 10%(3/29)、2ヶ移植 13%(2/15) 
                  胚盤胞:1ヶ移植 33%(117/353)、2ヶ移植 30%(6/20)
1ヶ胚移植率 86.1%(581/675)、2ヶ移植 13.9%(94/675) 
 多胎率 0.6%(1/167)  多胎は単一胚移植で品胎になった非常に稀な症例でした。
   栄養療法のお陰で、39歳から44歳までの間の凍結胚移植の移植当りの妊娠率が大変良く、
39歳 39%(13/33), 40歳 35%(13/38)にも到達しております。
本来の妊娠力を回復させる栄養療法による成果だと自負しております。