Home / ニュース / 医療費控除申告で還付金を

医療費控除申告で還付金を

医療費控除ってどんなもの?

その年(1月1日〜12月31日)に多くの医療費が掛かった場合、確定申告を行うことで、払い過ぎた税金が戻ります。

家族全員で1年間に支払った医療費の合計が10万円(所得が200万円以下なら所得の5%)を超えた場合、確定申告によって税金が還付されます。

また、申告をすることによって翌年の住民税が下がる可能性もあります。手続きは住民票のある地域の税務署で行います。

申告のポイント

控除の対象となるものを理解する

医療費控除の対象となる支出は「治療のために必要なもの」であることが条件です。
交通費など領収証のないものは、支出を記録しておきましょう。

<認められるもの>

<認められないもの>

控除額の計算方法を理解する

医療費控除額(最高200万円)=1年間に支払った医療費の合計から下記を差し引きます。

ー 差し引く分(出産育児一時金や生命保険や損害保険からの入院給付金、高額医療費で戻る分など)

ー足切り額(10万円、所得が200万円以下は5%)

所得税率


例)体外受精費を含むその年の医療費が100万円掛かり、不妊治療費助成事業で助成された金額が30万円だった場合の医療費控除額

100万円(医療費)ー30万円(助成金)ー10万円(足切り額)=60万円

※税率が10%の方なら、60万円×10%=6万円が戻る金額となります。

原則として確定申告の期間(2月中旬〜3月中旬)に申告をしますが、申告義務がない方は還付申告だけなら、確定申告期間の1ヶ月前頃でも受付してもらえるようですので、混雑する前に手続きを済ませましょう。