Home / ニュース / 新型コロナウイルス感染症に対する治療方針について

新型コロナウイルス感染症に対する治療方針について

4月1日に日本生殖医学会より不妊治療に関する声明が発表されました。(声明全文)

妊婦における新型コロナウィルス(COVID-19)の感染の重症化の可能性が指摘されているため、当院と致しましても声明に従い、不妊治療(タイミング療法・人工授精・胚移植)の延期を推奨致します。

多くの患者様には採卵・凍結胚までの治療を行い、コロナウィルスの影響が収束してからの移植を推奨しております。

ただし、現時点での不妊治療の延期を推奨するものであり、決して治療を行わないということではございません。
卵巣機能が低下している方、年齢的に延期が難しく治療をご希望される方は医師にご相談ください。