Home / スタッフブログ / 本日からスタッフブログ開始です

本日からスタッフブログ開始です

本日から大宮レディスクリニックスタッフのブログを始めます。

不妊症の治療や検査の事、体外受精の事、日々の事など書いていきたいと思います。

よろしくお願いします。

 

第1回目は培養室スタッフからお話させていただきます。

あまり普段の診察で患者様と関わることが少ない部署なので、私たち培養士がどんなことをしているのか、疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか?

今回は胚培養士の仕事についてお話したいと思います。

 

簡単にお話しすると、胚培養士とは患者様から採取した大切な卵と精子をお預かりし、受精する手助けをし、その胚を身体(子宮)に戻しています。

胚(卵や精子も)は 操作する時以外、培養器という機械に入れています。

この培養器は、温度やガス濃度などが子宮と同じ環境下となるよう設定されており、停電時などもきちんと稼動するよう万全の体制でバックアップされています。

450.JPG

胚や精子、卵子はとても小さいので、扱う際は顕微鏡を覗きながら細かい操作を行います。

また、培養器から出して胚にストレスがかからないよう、迅速に細心の注意を払いながら行っています。

IMG_0466.JPG

当院では臨床検査技師の資格を持っているものが胚培養士として従事しています。

中には生殖補助医療胚培養士や体外受精コーディネーター等の資格保有者もいます。

新人の胚培養士は、日々厳しいトレーニングを行い勉強中です。

みなさんの胚や精子、卵子を大切にお預かりするため、新人だけでなく培養士全員が日々努力を重ねています。

 

何か気になることや、疑問があるけど先生にはちょっと聞きづらいな、そんな時にはぜひ培養士外来やたまご外来をご利用ください(^^)