Home / スタッフブログ / 培養士とすっぴん

培養士とすっぴん

こんにちは~、培養室です。

いよいよ本格的な夏がやってまいりました。

毎日うだるような暑さの中、早くも夏バテしている方もいるのではないでしょうか?

しかしこんな真夏でも、私達培養士がお預かりしている卵達は、最適な温度・湿度・ガス濃度に保たれた培養器の中ですくすくと育っていますのでご安心下さい。さて、今回は「培養士とすっぴん」のお話をしたいと思います。

 当院の培養士は全員女性スタッフです。

しかし、化粧をしていないスタッフが多いことに気付かれた方、いらっしゃいますか? 

患者様の大切な卵や精子を取り扱っている培養室は、クリーンな状態が保たれていなければなりません。

当院の培養室も空調には高密度のフィルターが導入され、培養室内の空気圧を高くして外気の侵入も防いでいます。

そして培養室内に入る際には、丁寧に手洗いをし、キャップとマスクで顔のほとんどを覆って入室しています。

日本ではクリーンな環境を保つために化粧品に含まれる微粒子さえも影響があるのでは?ということで、完全に化粧禁止としている施設もあるそうです。

反面、外国の培養室は、キャップもマスクも無し、私服のまま土足で作業をしている施設も多く、それでもきちんとした成績を残していると聞いたことがあります。

当院の培養室は、化粧禁止という規則は設けておりません。

しかし、すっぴんの培養士が多いのは、培養環境を考えてのことなのか?

培養士は出勤時間が早いので(培養士は原則7時30分出勤です)化粧をするのがおっくうなだけなのか? 

はたまた、すっぴんに自信があるからなのか?その答えは皆様のご想像にお任せしたいと思います。

化粧は大人のマナーとも言われていますが、すっぴんのスタッフがいても何卒ご容赦くださいね<(^^;)

ただ、せめて眉毛だけは描いておこうかな……(笑)。

gatag-00000820.png