Home / 体外受精

体外受精(IVF)について

体外で卵子と精子と受精させて、その受精卵(胚)を子宮に戻す方法です。当院の体外受精の特徴は栄養療法や骨盤運動療法により Best Quality の卵の採取を世界でも初めて目指しているクリニックです。

体外受精が必要になるケース

初診から体外受精までの治療の流れ(ステップアップ)についてはコチラご覧下さい。

factors.png

 


 
スライド02.jpg

  必要な検査について  

  1.    子宮内エンドトキシン検査  
  2.    子宮鏡検査  
  3.    体外受精説明会
  4.    精液検査・AMH検査

  必要な書類
   1法的婚姻関係にある場合

    ・戸籍謄本

   2法的婚姻関係にない場合
     
    ・各々の戸籍抄本:ご本人とパートナー双方に、法的
       婚姻関係がないことを確認させていただきます。
      
    ・住民票:ご本人とパートナーが同居されていること
       を確認させていただきます。

   上記書類は調節卵巣刺激時にご提出ください。

  内金制度について
    排卵誘発開始時に内金として、一律30万円お預かり
させていただいております。これにより、胚移植まで、
その都度現金をご用意いただく必要がなくなり、
会計がスムーズになります。
差額は胚移植後の妊娠判定時または 胚凍結の報告日に精算をお願い致します。
◎ クレジットカードはご利用いただけません。
◎ 卵巣機能が低下していると判断された方は内金は不要です。