Home / 体外受精 / 排卵誘発法 / Antagonist法

Antagonist法

スライド3.jpg
 アンタゴニスト法はロング法に変わるメインの調節卵巣刺激法になってきていますが、下垂体を強固に抑制するばかりでなく、卵巣や子宮にあるGnRHリセプターをブロックしてしまうので、ネガティブな影響があるので、当院ではまだメインの誘発方法とはなりえていません。

当院におけるです適応症例